ボディ・メンズケア・グルメ・仕事・お金・マインドセットについて

メンズケアライフ

深剃りできてカミソリ負けしにくい【安全シェーバー】3選

2020年1月1日

髭が濃い方なので、毎日剃らないとすぐに無精ひげ化して、数日経つと原始人のようになってしまいます。

なのでこれまで40数年の人生で数えきれない電気シェーバー、カミソリを使ってきました。

最終的に選ばれた精鋭たちを今回しようと思います。

スポンサーリンク


1位:ブルドッグ・オリジナルバンブーホルダー

イギリスのスキンケアブランドの製品です。

メンズスキンケアの専門ブランドとして考え尽くされたシェーバーの質感や使用感はかなりのレベル。

特にホルダー(持ち手)部分が竹素材エコ仕様なのが時代の流れにあってます。

留め金がステンレス素材で重みもあって、シェービングするときに自重で髭にあたる角度がコントロールできるのが気に入ってます。

シェーバーは別売りで取り換え可能。

最初に買った時に予備のシェーバーが一つ入っているので、二か月ほどは持ちますよ。

>>【ブルドッグ オリジナルバンブーホルダー】これは使える!優しい竹の手触りと5枚刃で濃い髭もすっきり!

 

スポンサーリンク

2位:シック・プロテクター3

アメリカのスキンケアブランド「シック」の製品です。

3枚刃で深剃りがしやすく、何よりもシェーバーの上にセーフティーワイヤーを張っているので「カミソリ負け」のリスクが激減しました。

4枚刃、5枚刃の他の製品に比べれば「深剃りのレベル」は劣りますが、肌を痛める危険度が劇的に少なくなるのが、肌が弱い私のようなメンズにとって嬉しいところです。

剃りながらの「チクッ」とした感じや、剃った後に肌に染みでるうっすらとした出血が嫌な方は、ぜひともこのセーフティーワイヤーつきのタイプを選びましょう。

>>セーフティーワイヤーで肌ケア効果を実感「シックプロテクタースリー」レビュー

 

3位:フェザー両刃カミソリ

安全カミソリではなく、カミソリの刃をシェーバーにそのまま設置して両方の刃で剃るタイプです。

はっきりいって深剃りレベルは最高です。

ただその分、肌にかかる負担も大きいです。

なので、剃る前に十分にお湯で肌を蒸らして、シェービングクリームやフォームで保護する必要があります。

前準備が万端であれば、剃っている時の無敵感、剃り後の爽快感はかなりのもの。

私は肌が弱いので十分にケアしながら剃らないと、けっこう出血してしまいます。

なので深剃り感は最高なのですが、肌ケアの面で他の2つに劣る感じですね。

created by Rinker
フェザー安全剃刀
¥855 (2020/07/11 14:15:31時点 Amazon調べ-詳細)

>>両刃カミソリで心地よい深剃りを「フェザー」レビュー

 

まとめ

それぞれに個性があって使い分けできる点が気に入ってます。

たとえば、

>急いでいる時は「シック・セーフティーワイヤー付きカミソリ」

>普段は「ブルドッグ・オリジナルバンブーホルダー」

>時間があって深剃りしたいときは「フェザー両刃カミソリ」

の感じですね。

今のところは、

電気シェーバー一台、安全・両刃カミソリ3種類

の流れでシェービングしてますね。

電気シェーバーはブラウン

まず電気シェーバーで粗剃りしてから、仕上げにカミソリで深剃りして完成という流れになります。

これも別記事で紹介してますので、よければご覧ください。

コスパ最強のモバイル電動シェーバー「ブラウン M-90」レビュー

続きを見る

あとはシェービングクリーム・フォームで髭剃りの完成度が決まってきます。

そちらのまとめ記事もアップしていますので、こちらもぜひ。

カミソリ負けしやすい肌を守る【おすすめシェービングクリーム・ジェル】3選

続きを見る

効果的なシェービングアイテムでカミソリ負けを防いでいきましょう!

スポンサーリンク

-メンズケアまとめ

Copyright© メンズケアライフ , 2020 All Rights Reserved.