身体・メンタル・仕事・副業・お金について語ります

ボディケアと仕事・副業・お金の情報ブログ

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士になる方法と給料について

リハビリの専門職として人気が高い理学療法士、作業療法士、言語聴覚士。

医療現場を陰で支えるリハビリ職は一見地味ですが、手術後や治療中の患者さんの体と機能をサポートする重要な役割を担っています。

またケガや病気で体が思うように動かなくなってしまった患者にとっては、看護師さんと並んで身近で頼りになる存在といえるでしょう。

今回はそんなリハビリ職について「なるための方法」「給料」についてまとめてみました。

特に理学療法士と作業療法士については、違いがよく分からない人もいるので、そこもできるだけ詳しく述べています。

スポンサーリンク

理学療法士(PT)になる方法

身体機能のリハビリテーションを行う仕事です。

・基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的とする

・運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する

・寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指す

・就職先は主に病院、クリニック、介護保険関連施設等。専門性を生かし、プロスポーツのチームに属している理学療法士もいる

参照元:公益社団法人 日本理学療法士協会

テレビドラマで病院のシーンが時折あるのですが、そのときにリハビリの担当をしているのが理学療法士ということになりますね。

ベッドに横たわったまま足の関節を動かしたり、ポールの間を患者さんが歩くのをサポートするというあたりが、イメ―ジしやすい理学療法士の業務だと思います。

作業療法士との違いは、基本的な身体機能の回復を理学療法士が担当、その後の具体的な日常動作のケアを作業療法士が引き継ぐという形になるかと思います。

理学療法士になるためには「4年制大学、短期大学(3年制)、専門学校(3年制、4年制)、特別支援学校(視覚障害者が対象)」で学んでから「作業療法士」の国家資格を受け、合格することです。

合格率は80%以上になります。

就職先は、病院や介護施設、福祉施設、行政や特別支援学校、障がい児のデイサービスや療育施設になります。

作業療法士(OT)になる方法

理学療法で回復した患者さんの「日常生活を送るためのリハビリ」を行う専門職です。

病気や障がいのある方が日常生活を送るためのリハビリを行う

応用動作能力と社会的適応能力を回復させることが目的

手工芸や芸術、遊びやスポーツなどの創作活動やレクリエーション、日常動作訓練を行う

理学療法士が「歩く・座る・立つ」といった基本的な動作に対しての「身体のリハビリ」を行うのに対し、作業療法士は具体的な日常動作を回復させるための「社会性のリハビリ」といえます。

作業療法士になるには、文部科学大臣または厚生労働省が指定した養成施設で3年以上学び、国家試験の受験を受けて合格して得られます。

合格率は80%以上と言われています。

就職先は、理学療法士と同様に「病院や介護施設、福祉施設、行政や特別支援学校、障がい児のデイサービスや療育施設」になります。

言語聴覚士(ST)になる方法

事故や病気により、コミュニケーションが困難な人を専門的に支えるリハビリ職です。

脳卒中後の言語障害や聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害などの対処や検査・評価、訓練、指導、助言、その他の援助を行う

発声の方法や食べ物の飲みこみ方、補聴器の調整

「話す」「聞く」「食べる」ことが困難な人のリハビリテーション

作業療法士と理学療法士が「身体や動作」に特化したリハビリ職だとすれば、言語聴覚士は言語や摂食など「脳に近い器官のリハビリ」に特化した職務になります。

言語聴覚士になるには、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で2~3年以上学び、国家試験を受験して合格すると得られます。

合格率は既卒者は60%台、養成校の新卒者は80%台となっています。

就職先は、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設などです。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の給料

理学療法士、作業療法士、言語聴覚武士しとも、平均年収は400万円前後と言われています。

月収にすると25万~30万円前後というところでしょうか。

勤務先や働いている地域、経験年数によって変わってきますが、ボーナスも含めると平均的オフィスワーカーとそれほど変わらない感じですね。

またキャリアを重ねて管理職になると、年収500万円くらいにはなると思われます。

以前の記事で私のボディメンテナンス業の先輩が理学療法士に転職した体験談を取り上げましたが(⇒記事リンク)、40歳近くで転職したので年収は大幅に下がりましたが(月収20万円前後)、地方で家賃や物価が安いこと、就職先が病院なので安定した収入が得られるなど、長い目で見ればメリットは大きいようですね。

作業療法士や言語聴覚士も同様に、働く場所やキャリアによって変わってくると思います。

新卒での就職、資格を取って転職した場合は、最初に述べたような年収400万万円前後が通常だと思います。

まとめ

私自身がボディメンテナンスの業界にいるためか、周りには看護師介護職リハビリ職に従事している友人や知人が多いです。

リハビリ職に関しては、記事中にも触れたように先輩が理学療法士に転職していますし、学生時代のスポーツクラブのバイト先で作業療法士の学校に通っていた同僚がいたり、大学では卒業後に言語聴覚士の学校に入り直した後輩の女性がいました。

皆それぞれ「誰かの役に立ちたい」という優しい心持の人ばかりでしたし、そうした性格の人だからこそ、決して高給取りではないリハビリの仕事に身を投じることができるのだと思います。

やりがいというのは使い古された言葉ですが、長く仕事を続けるためには大事な要素ですね。

現実的な面でも医療職は安定した職場なので、一度国家資格を取ってしまえば、全国どこでも働けて仕事に困らないというメリットは大きいですよ。

最後になりますが、リハビリ職の転職サービスまとめと、社会人からのリハビリ職の転職体験談を書いているので、こちらもぜひご覧くださいませ。

自分に合わない仕事は退職代行でもなんでも使って辞めましょう

続きを見る

-転職・資格情報

Copyright© ボディケアと仕事・副業・お金の情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.