身体・メンタル・仕事・副業・お金について語ります

ボディケアと仕事・副業・お金の情報ブログ

腰痛持ちのリモート・テレワーカーにおすすめ!スタンディングデスク4選!

2020年7月21日

リモートワークは通勤時間がなくなり、家族と過ごす時間が増えたり、人間関係のストレスが軽減するメリットはありますが、そのぶん「座り続けること」で生じる腰痛の心配がでてきます。

私もパソコンを使った作業を行うことが多いため、長時間椅子に座ってラップトップと睨めっこをする時間が増えています。

そのため「腰の痛み」を感じるようになって「これはいかんな」と思い、時々立って体操をしたりしてます。

一度作業に入ると没頭してしまって、気が付けば何時間も同じ姿勢で座りっぱなしということが多いので気を付けているのですがね。

そんなとき以前から気になっていた「スタンディングデスク」のことを思い出しました。

スポンサーリンク

スタンディングデスクとは何ぞや?

「立ったままでパソコン作業ができる机」です。

長い時間デスクワークをしていると猫背になってしまい、腰への負担が大きくなります。

スタンディングデスクは立ったまま作業を行うので、背中が曲がることも少なく、上体の重みを下半身に分散できる利点があります。

つまり「腰痛が起きにくい」ということ。

しかも立っていると自然と体操や運動をしたくなりますし、何よりも「眠気を覚ます」という利点も見逃せません。

ランチを食べた昼休みの後の仕事や午後3時くらいの魔の時間帯のデスクワーク、または夜中の作業にばっちりの眠気覚まし効果をもたらしてくれます。

このデスクを最初に知ったのは、数年前にテレビ(テレビ東京のワールドビジネスサテライト)で紹介されていたときから。

オフィスで導入されていて、女性社員全員がある時間になると一斉に立ってパソコン作業をするという、なかなか変わったワークスタイルをとっている会社の紹介でした。

そのおかげで腰痛や運動不足が解消されたということで、当時から「これいいな」とは漠然と思っていたのです。

そんな「自分も欲しい」「世の中の腰痛持ちのリモートワーカーにもぜひ使って欲しい!」という「おすすめスタンディングデスク」を選んでみました。

腰痛を防ぐ!おすすめスタンディングデスク4選!

【タンスのゲン】Z-RISE スタンディングデスク

最もシンプルでコスパの良いスタンディングデスクです。

海外(台湾)の高品質メーカーとショップのデザイナーによるオリジナルデザイン仕様で、シンプルながら人間工学に則ったバランスの良い作りになっています。

高さの調節はできないのですが、その分スリムで場所をとらない居住性の良さが魅力。

天板は木目で目に優しく、脚部にアジャスターがついているので、デスクのガタつきを防止できます。

購入したユーザーは「天板の分厚さに目が行った。スタイリッシュというよりは重厚感のある厚み」「組み立てると結構高く、身長180の私が普通に腰を曲げずに使える」とのこと。

デスク全体の重さがなく、女性でも持ち運びが可能、組み立ても簡単のようです。

アジャスタを使えば1~5㎝程度の高さの調節は可能とのことで、身長が165~180㎝くらいの人におススメのよう。

全体的にシンプルで持ち運びも楽で組み立ても簡単、いかにもスタンディングデスクという商品の基本を守ったラインが好まれているようですね。

【FLEXISPOT】電動式スタンディングデスク

電動昇降式で、タッチするだけで好きな高さに調節できるスタンディングデスクです。

60~123㎝の高さを設定できるので、子供から大人まで幅広く使えます。

アラーム機能や高さのメモリー機能もついており、作業時間に意識が向くようになるのが良いですね。

長期保証もついているので、安物買いの銭失いにならないで済みます。

天板は別売りなので、全部揃えると6万円少々しますが、買った人のレビューを見ていると、価格に十分見合う作業環境の快適さと満足さが得られるようです。

電動式の良さは子供でも高さを簡単に調節できるところにあると思うので、一家に一台あっても良いのではないでしょうか。

【E-WIN】折りたたみ手動昇降式テーブル

折りたたみ式のスタンディングデスクです。

使わない時はコンパクトにたためるため(收納後の厚さは11㎝)クローゼットや押し入れに収納できて場所をとりません。

昇降式なので普通のデスクとしても使えますし、腰が痛くなってきたなと思えば、高さを上げてスタンディングタイプで作業を続行できます。

組み立ても簡単で、組み立て後は固定脚をつけて安定して使えるので、価格から考えればコスパはかなり良いと評判も上々ですね。

ストッパー式のキャスターもついているので、自由に部屋の中を移動できるフレキシブルさもgood!

天気の良い日は窓際で外を見ながら作業したり、夜はオーディオの横でゆったり音楽を聴きながら仕事をしたりするのも良いですね。

【Fenge】机上スタンディングデスク

デスクに乗せて使うスタンディングデスクです。

単体でスタンディングするわけではないのですが、もともとあるデスクを利用できるので、作業スペースを別に確保する必要がありません。

作業台が二層になっていて、手前に付属のパソコンがあり、奥のラップトップ台の手前にペンなどを収納できるくぼみがユーザーにも意外に人気。

ほかにもモニターまわりのケーブルを管理ができるホールドや、レバーを引くだけで昇降できるシンプルさなど、価格に比して機能性はかなり良いと評判も高いです。

ただ使い勝手は良いけれども重さが結構あるので、設置時にデスクに乗せる時は気をつけるようにとのアドバイスもありました。

その分、安定性は高くなっているので、作業時のスムーズさは確保できそうです。

まとめ

デスクワークやリモートワークを長時間続けると、腰に負担が集まって腰痛を発生しやすくなります。

腰痛が発生するということは、肩の負担にもつながるので肩こりも感じているかもしれません。

なので今回紹介したスタンディングデスクを使いつつ、体を伸ばしたり、深呼吸をしたり、足を上げたりして腰や肩にかかる負担を軽減してあげましょう。

そのための運動はこちらの記事で紹介していますので、よければ参考にしてください。

また立ち続けていると足のむくみが出てきたり、疲れがたまると「こむら返り」を引き起こしたりするリスクもあるので、そのケアもこちらの記事で紹介しています。

スタンディングデスクと適度な体操で仕事の効率を上げていきましょう!

お腹がポッコリ出てきて膝が痛む人のための膝ケア法まとめ

続きを見る

【腰痛ケア】腰の負担を軽くするストレッチ&グッズまとめ

続きを見る

お腹がポッコリ出てきて膝が痛む人のための膝ケア法まとめ

続きを見る

-健康・介護グッズ

Copyright© ボディケアと仕事・副業・お金の情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.